仕入割戻し・売上割戻しの処理方法と計上時期を徹底解説

仕入割戻は一般的にリベートやキャッシュバックと呼ばれますが、会計上の処理を正確に知っている人は少ないでしょう。個人でビジネスをする人も仕入・売上割戻は使用される勘定科目なので、しっかり覚えておくことをおすすめします。今回は仕入割戻・売上割戻について詳しく解説します。

1 仕入割戻しの意味や処理方法について
1.1 損益計算書における仕入割戻の表示科目
1.2 仕入割戻の処理と計上時期について
1.3 仕入割戻の会計処理について例を用いて解説

2 売上割戻の意味や処理方法について
2.1 損益計算書における売上割戻の表示科目
2.2 売上割戻の処理と計上時期について
2.3 売上割戻の会計処理について例を用いて解説

3 売上・仕入割戻の計上時期について詳しく解説
3.1 国税庁が定める売上割戻の計上時期について
3.2 売上割戻の処理方法を例をあげながら解説
3.3 国税庁が定める仕入割戻の計上時期とは
3.4 仕入割戻の処理方法を例をあげながら解説

4 まとめ