仕入れ取引のプロセスと確実な取引をする方法について

物販ビジネスにおいて重要なファクターである仕入れ。ビジネスを円滑に進めるためには、仕入先に合わせたコミュニケーションを取ったり、トラブル予防のために取り決めを行ったりと、考えることはたくさんあります。今回は仕入れ取引の流れと、円滑な取引を行うための方法について解説します。

1 仕入れ取引で利益がどのように計上されるか
1.1 売上原価を正しく集計・計上して粗利を算出
1.2 粗利の算出方法を例を挙げて解説
1.3 仕入れが1回のケースと2回に分かれるケース

2 仕入れにはどのようなプロセスが発生するのか
2.1 販売者が仕入先から商品を仕入れて得意先に引き渡すまで
2.2 商品の検品・検収から納品・支払いまで
2.3 3つの取引形態「現金取引」「都度取引」「締め取引」

3 契約書や覚書として取り決めを明文化する方法
3.1 仕入れ形態をあらかじめ決定する
3.2 保証金や加盟金などの初期費用について確認する
3.3 リスクを分散するために仕入先は1つに絞らない

4 メーカー・問屋に電話で問い合わせる方法
4.1 先方と連絡手段を合わせて円滑な取引をしよう
4.2 営業担当に繋いでもらうための挨拶の例を紹介
4.3 商品を仕入れたい旨を伝えてカタログを送ってもらう

5 仕入れ取引で発生する可能性がある不正とは
5.1 必要な資材の発注を装った架空の発注
5.2 売上をよく見せるための売上原価の過少計上
5.3 会計不正を防ぐためには内部統制の整備・運用を行う

6 まとめ