中国輸入における関税と税関の判断基準とは

輸入ビジネスでは税関を通す際、関税、消費税、税関手数料、輸出通関手数料の4つの手数料が発生します。特に関税と消費税は法律や税率が複雑なので正しく理解しておきましょう。ちなみに輸出ビジネスの場合は関税は相手国の責任のため覚える必要はありません。

1 関税とは
1.1 関税についての概略
1.2 関税はどのような品物に掛けられるのか
1.3 関税がないと国内生産者が大打撃を受ける

2 一般税率と簡易税率の違いとは
2.1 総額20万円が一つの基準となる
2.2 中国輸入でよく扱われる商品の一般税率一覧
2.3 中国輸入でよく扱われる商品の簡易税率一覧

3 簡易税率は一般税率と比べてオトク
3.1 商品の簡易税率が商品ごとに一定でない理由
3.2 一般税率での適用も可能
3.3 簡易税率の手続きは簡略化されている

4 関税率を調べる方法
4.1 WorldTariffで検索する
4.2 世界各国の関税情報源リンク集で調べる
4.3 書籍で調べる方法

5 個人使用目的と商用利用の違いを明確にしよう
5.1 なぜ、目的を明確にする必要があるのか
5.2 税関での判断基準
5.3 事例から学ぼう

6 個人輸入は違法なのか?
6.1 個人輸入で転売するのは違法なのか
6.2 輸入が禁止されている品目を確認しよう

7 関税と消費税はどのように支払うのか
7.1 着払いで支払う場合
7.2 銀行振込で支払う場合
7.3 クレジットカード決済で支払う場合

8まとめ


自己紹介 吉田ゆうすけ

シンガポール在住。日本法人とシンガポール法人を持つ経営者であり、連続起業家。2007年に脱サラ起業して、日本から世界へ向けてインターネットで海外販売を始めました。それが大当たり。

シンガポールに住んだのは世界中にお客様ができて、そのお客様の中でシンガポールに別荘を持つ方がいて、無料で3週間もの間ご招待いただいたのがキッカケ。英語が全く話せない状態から翻訳英語だけでビジネスを拡大し、10年かかりましたが自分で英会話スクールを開業してレッスンを集中的に受講した結果、ビザを取得したり部屋を探したり、ビジネスの交渉も英語でできるようになりました。

今では世界中のスタッフとオンラインでミーティングをしながら輸出や輸入等の物販ビジネスを拡大し、後進の育成にも力を注いでいます。

夢じゃないかと今でもほっぺたをつねる毎日ですが、メイドさんを雇ったり世界中をあちこち旅行したりと、とっても刺激的な毎日を過ごしています。

あなたも私と一緒に、非常識な世界を体験してみませんか?

最後までお読みいただきありがとうございます。
毎日朝7:00更新で頑張ってますので、応援よろしくお願いいたします!

コメント

ログインすると直接質問ができます。

ログインはこちら。まだの方は、新規制限中